エディストクローゼットの解約方法【退会手続きを写真付きで解説】

エディストクローゼットを利用した結果、やっぱり退会したいと思う人もいるでしょう。

退会方法を知っておきたいという人のために、写真付きで解説します。

ぜひエディストクローゼットを検討している人の参考になれば幸いです。

エディストクローゼットの退会方法

サイトにログインしてユーザー情報ページにアクセス

今回、エディストクローゼットの公式アプリから退会手続きをします。

アプリのトップ画面では、返却予定日が近いことをお知らせするアラートも出ています。

画面左上のメニューをタップしてメニューの中の退会手続きを選びます。

退会予約をする

注意事項を読んで退会予約に進みましょう。

退会予約をするためには、次の画面でアンケートに答える必要があります。

退会理由についてのアンケートの入力をする

退会理由についてのアンケートが9問ほどあります。

おもにチェックボックスにチェックを入れる方式のアンケートなので簡単です。必須項目には必ずチェックが必要となります。

アンケート内容
・利用のきっかけ(必須)
・退会予約の理由(必須)
・コーディネート紹介ページは参考になったか(必須)
・またサービスを利用したいかどうかと理由(必須)
・気に入った気に入った服と気に入らなかった服と理由
・職業(必須)
・家族構成(必須)
・ご意見

私は今回の退会の理由はサイズが合わなかったことがメインです。

洋服のテイストは気に入りましたが、サイズが合わなかったために残念ながら、ボトムス2点は着用しないまま返却という形になってしまったので、退会することにしました。

退会完了画面が表示される

アンケートに答えると退会手続き前の最終確認があります。

内容を確認してチェックを入れたら次へ進みましょう。

登録時に入力したパスワードを入力して、退会予約のボタンを押します。

これで退会予約の手続きが終わりました。およそ2分程度で手続きは完了し操作も簡単でした。

また、退会するのを辞めたい場合は、退会が完了するまでは退会予約のキャンセルが可能です。

アプリでは、あなた宛てのお知らせページに退会予約をしたことを確認するメッセージが届きます。

退会予約メールを確認する

アプリで手続きが終わるとすぐに、退会予約受け付けの確認メールも届きますので、チェックしましょう。

洋服をすべて返却する

正式な退会をするためには、現在レンタル中のコーデセットの返却が確認出来ていることが条件となります。

洋服は4点全部を揃えて返却してください。

退会予約をしただけでは、退会にならないので注意をしてください。

退会完了メールを確認する

アイテムの返却が確認されると、退会手続き完了のメールが届きます。

このメールが届いた時点で、ようやく退会手続きか完了します。

エディストクローゼットを退会する時の注意点

退会締め切りは次回発送予定の2日前

エディストクローゼットを解約する場合は、次回発送予定の2日前までに申請しなければなりません。

たとえば1月7日が次回発送予定日であれば、1月5日までには解約手続きをしなければなりません。

この締め切り日を過ぎても退会の手続きが行われない場合は翌月も自動で契約更新になってしまうので、注意が必要です。

また、コーデセットの返却が確認出来ないと、退会完了にならないので、気をつけましょう。

プランによっては契約終了月まで解約できない

エディストクローゼットには、レギュラープラン、ゴールドプラン、プラチナプランがあります。これらのプランの利用者が退会したい場合、アイテムを返却をして退会予約を行ってもプランの契約終了日の8日前まで退会ができません。

アイテムの返却が遅れて発送日がずれた状態で利用しているような場合には注意が必要です。

本来のレンタルのサイクルでは、所定発送日の「5日」「15日」「25日」の3回に発送されたアイテムは、それぞれ翌月の「5日」「15日」「25日」が次の発送日となります。

もし、「5日」のサイクルの利用者の人が返却日に少し遅れたとすると、次回のコーデセットの発送日が次の「15日」となり少しずれます。

この場合、14日までにアイテムを返却して退会しようとしても、契約終了は「5日」のサイクルなので、契約終了日の8日前の退会手続きとなり、次月の料金も発生してしまいます。

とてもわかりにくいシステムですが、返却日を守っていれば所定の期間で契約が終わるので、混乱したくない人はスケジュールを守りましょう。

エディストクローゼットは服の買い取りはできない

他のレンタルファッションサービスは、気にった服があれば洋服を安く買い取ることができるサービスを行っているところもあります。

残念ながら、エディストクローゼットは買い取りサービスがありません。

もし、エディストクローゼットの洋服を欲しいと思ったら、3か月以上のプランに申し込んで3月と9月の年2回のコーデセットのプレゼントを狙うか、会員向けのサンプルセールでサンプルの洋服を安く手に入れる方法があります。

エディストクローゼットのオリジナルブランド

エディストクローゼットの服を買取したい【お得に入手する方法】

2019年1月29日

洋服を返却し忘れると自動更新されてしまう

エディストクローゼットの解約手続きをしても洋服の返却を完了できていなければ自動更新になってしまうので、かならず返却予定日までに洋服を返却しましょう。

電話で退会はできない

エディストクローゼットを解約したい場合、電話からの解約は出来ません。

解約手続きをするには、携帯やパソコンからサイトにログインして手続きをするか、公式アプリから退会手続きをしましょう。

年末年始はスケジュールに注意

年末年始に返却・退会を予定している場合は、スケジュールに注意が必要です。

クリスマスが終わった頃に年末年始の営業スケジュールについてのメールが届きました。12/29〜1/6の9日間ほどの休業中のお問い合わせへの回答や対応は休み明け1/7以降になるというものです。

今回私が利用していたトライアルプランの返却予定日は1/6です。1/6が返却予定日の人に向けて、年末年始の配送事情に配慮して通常よりも余裕をもって返却するようにとメールに書いてあったので、予定日の6日前に返却手続きをしました。

しかし、返却した洋服の検品確認は1/6(予定)からとなっていたため、余裕を持って返却してもマイメニューの返却状況はしばらく反映されません。きちんと洋服が届いているのか若干心配になりました。その後、1/5に返却確認と退会手続き完了のメールが届いて、ようやくほっとしました。

休業期間にあたってしまうと、すぐに返却状況がわからないのが不安に感じる点です。また、年末年始を挟むと前倒しで返却したりするため実際のレンタル期間は少し短くなる感じがします。

通常のスケジュールと違うのがいやだと思う人は、年末年始に返却・退会しないスケジュールでレンタルした方がよいかもしれません。

まとめ

エディストクローゼットの退会手続きについて、まとめてみました。

エディストクローゼットの解約の方法
1.サイトにログインしてユーザー情報ページにアクセス
2.退会予約をする
3.退会理由についてのアンケートの入力をする
4.退会完了画面が表示される
5.退会予約メールを確認する
6.洋服をすべて返却する
7.退会完了メールを確認する

退会手続きは、携帯やパソコンからマイページにログインして退会手続きをします。

退会理由などのアンケートに答える必要がありますが、手続きは2分もあれば終了します。

アンケートもチェックボックス式が中心なので、手間はほとんどかかりません。

まだ、この時点では退会は予約でしかなく、完全には退会が出来ていないので注意が必要です。

完全に退会するためには、返却予定日までに4点のアイテムを全部そろえて返却し、エディストクローゼット側でも返却の確認がとれていることが必要になります。

無事、予定日までにアイテム4点の返却が確認されたら、退会が完了したことを知らせるメールが届きます。このメールが届いたら退会手続きが完了したサインです。

退会についての注意点としては、年末年始や土日祝・GW・お盆時期などが返却締切日になる場合、日程が数日前後することがあるのでマイページから返却締切日を確認する必要があることや配送事情によりスケジュールがずれることも考えて前倒しで返却する必要があることです。

もし、予定日に返却が間に合わないと契約が自動更新されてしまうので、気をつけてください。

退会手続き自体はとても簡単です。

あとは返却期限に間に合うようにアイテムを全て揃えて返却しましょう。

エディストクローゼットの体験ブログ

2019年1月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です