【見てる方が恥ずかしい】50代女性が着てはいけない服とは

50代 着てはいけない服

50代の女性は『どんな服を着たら良いのか』迷いますよね。

体型や肌質の変化によって今まで着てきた服がなんとなく合わないように感じられたり、でもシニア服はまだ抵抗があったり…

50代女性はどんな服を着るべきなのでしょうか?またどんな服を着てはいけないのでしょうか?

50代女性が避けた方が良い服についてまとめました。

50代女性の洋服選びのポイント

高級な素材を使った洋服が良い

高級な素材

ファストファッションは手軽に買えて良いのですが、やはり若い人向けの商品です。

デザインは良くてもリーズナブルな素材で作られているため、若者の締まった体形なら着こなせるのです。

50代の人が全身ファストファッションで固めてしまうと、体形の崩れなどが目立ち、余計に老けて貧相な印象になってしまいます。

逆に、若い人が高級な素材を身につけると背伸びした、ちぐはぐな印象を受けますよね。

年齢を重ねたからこそ、本物を身につけることで深みのあるスタイルが生まれるのです。

カシミアやシルクなど、天然の高級素材を着用しましょう。仕上がりも重要です。縫製のしっかりした服は、長持ちし、体にしっかりなじみます。

50代女性にはエレガントな服がおすすめです。ふんわりと柔らかいトップスはボディーラインをカバーしてくれるとともに、大人の落ち着きをかもし出してくれます。

ボトムスも素材選びを怠らないでください。腰回りにゆとりのあるデザインを選ぶと、気になるお腹周りをカバーしつつすっきりと着こなせます。

ワントーン明るい色が若々しく見える

ワントーン明るい色が若々しく見える

明るい色は光を反射して顔色がよくなりますのでオススメです。今まで着ていたものより1トーン明るい色を選んでみてください。

あまり明るい色は気後れする… という人は、スカーフやマフラーを明るい色にしてみて。差し色ひとつで若々しくなります。帽子もいいですね。

それでも暗い色を着たい場合は、マットな素材は避け、光沢感のある素材を選びましょう。

スパンコールなどのビジューを控えめに効かせてもOKです。

清潔感はなによりも重要

清潔感はなによりも重要

一番大切なのはやっぱり清潔感です。

しわくちゃな服や、ルーズな格好では生活感が前面に出て「おばさん」に見えてしまいます。

シャツに隅々までアイロンをかけるだけできちんと感が出ます。小さなお手入れで、印象が大きく変わるんです。

ほつれや傷みはこまめに繕い、直しきれなくなった服は思い切って捨ててしまいましょう。

流行にとらわれず体形に合った服を念入りにお手入れし、上品に着れば、どんな色やデザインの服でも清潔感のある大人女性のスタイルになります。

50代女性が着てはいけない服

ミニスカート

フレアミニスカート

ミニスカートは、一番誤解されやすいファッションアイテムです。

50代なのに、ミニスカートなんて履いて。若作り?

なんて噂されるのは、簡単に想像できますよね。

シェイプやお手入れに励んで磨き上げた脚でない限り、好評価を得られるのは難しいアイテムです。

特に20代女子に人気のフレアミニは避けた方が無難です。

諦めきれないあなたには、タイトまたはAライン+黒タイツの組み合わせをオススメします。さらにブーツを組み合わせてもOK。

生足は年齢が出るひざが露出するので、ハードルがとても高くなってしまいます。ミニスカートは冬のプライベートなおしゃれにしましょう。

ダメージデニム

ダメージデニム

ダメージデニムは、50代になったら避けた方が良いです。

品がないので、大人女子としては致命的です。

「だらしがない」だけで終わってしまう可能性がとても高いです。

清潔感を補うにはヘアとメイクを整え、他のアイテムを高級なものに揃えて小綺麗さを出す必要がありますので、かなりの高級テクニックです。

かといって頑張りすぎても必死さがイタイという印象を受けてしまいます。

自然に履きこなす自信がなければ、キレイな破れていないデニムを履きましょう。

リボンがついた服

2回目アイテムリボンつきフレアスカート

リボンがついた服は50代に似合いません。

リボンが主張する服はどうしてもガーリーな印象になり、大人の女性が着ると不自然になってしまいます。

黙っていればまあまあな印象でも、話や考え方はもう大人なんです。内面と外面のアンバランスが強調されて、若い人からは残念な人と思われてしまいがち。

さりげなくデザインに組み込まれたリボンなら大丈夫。大人の甘めファッションは、引き算がポイントです。

アニマル柄

アニマル柄

アニマル柄は避けた方が良いです。特に、全体に柄があったり、もろに動物の姿がプリントされたものはNGです。

大阪のおばちゃん?が第一印象になってしまい、せっかくのあなたのファッションセンスが台無しです。

20代女子の大胆にアニマル柄を取り入れた服はアクティブな印象を与えますが、50代で同じものを着ると下品に見えてしまいます。

取り入れるのなら、ベルトやマフラーなどの小物がオススメです。ポイントにしたいので、体の大部分を閉めるトップスとボトムスは無地か色を抑えて。

チュニック

シフォンチュニック

一時期大流行したチュニック丈のアイテム。体形をカバーできるので、幅広い年齢層の女性に支持されました。

すぽんと着られて楽なだけに、だらしなくなりがち。

そのため、かえっておばさん向けの安易なアイテムというイメージができ上がってしまったんです。

また、微妙にお尻が出てしまう丈なので、ボトムスにスキニーやレギンスを選ぶとお尻から腰回りのラインが強調されてしまいます。

チュニックはもう時代遅れの服と考えておきましょう。

体形に合っていない服

体形に合っていない服

自分では見えにくい背中や脇。歳をとるとともに、知らないうちに肉がついてきてしまいます。

ずっと着ていたからと、体形に合わなくなっているのに無理やり着てしまうと、下着のラインとそこからはみ出たお肉が丸見えになってしまいます。

また、縦のサイズが合っているとしても、全体に肉が下がってきますので、どうしても横幅が出てしまいます。

つまり、横幅で考え、肉がはみ出て見えない服を選ぶ必要があるのです。

今まで習慣的に選んでいたサイズで本当にいいのか、もう一度考えなおしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

50代は避けた方が良い服

・ミニスカート
・ダメージデニム
・リボンがついた服
・アニマル柄
・チュニック
・体形に合っていない服

気を悪くされた人、そうだそうだと同意する人。いろいろだと思います。

辛口にいろいろ書きましたが、正直な話をします。

50代だからといって着てはいけない服なんてありません。

自分が着たい服を着るべきです。好きな服を着て、楽しそうにしている人の方が断然キレイです。

まわりの目を気にしすぎて好きな服を我慢してしまうと、ストレスがたまって老け込んで見えてしまいますから、余計にイタイです!

トシをとっても自由にオシャレを楽しめるんだ!トシをとることは怖くない!と、20代〜40代女子が憧れるような、素敵でかっこいい50代女性を目指しましょう。

\今月のキャンペーン情報はこちら/ airCloset

お得な情報
エアークローゼットをお得に試せます!

招待コードを入力すると
3,000円オフではじめられます!

レギュラープランは、初月に解約すると全額返金保証が適用されます。

レギュラープランがおすすめです♡

招待コード
zWFEF
airCloset

人気ナンバー1
エアークローゼット

スタイリストが洋服を選んでくれるサービスです。 満足度も高く、わたしも気に入って使っています!
日向坂46CM素材_201904

日向坂46CM効果で人気急上昇
メチャカリ

日向坂46のCM効果で会員数が急増しています。いまなら初月無料キャンペーン中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA