40代女性が着るとダサいファッションアイテム

40s-women

世間では定番の女性ファッションも、40代の女性がすると『ダサい』って思われてしまうことがあります。

若作りが裏目に出やすいファッションアイテムは、40代女性は避けましょう。

40代の女性には、シンプルで上品なファッションアイテムがおすすめです。

40代女性が着るとダサいファッションアイテムをまとめました。

40代女性が着るとダサいファッションアイテム

カーゴパンツ

メンズっぽいカーゴパンツに甘めのトップスをあわせたコーディネートってかわいいですよね。

でもそんな着こなしが似合うのは20代まで。40代で同じような服装をしていると、ちょっとイタいです。

そもそもカーゴパンツは、カジュアル度が高いので、大人の女性が着るには少し無理があります。

アラフォー女性がカジュアルなパンツをはくのは悪いことではありません。

ですが一般的にカーゴパンツはダボっとしていて、形がきれいとはいえないものが多いのも事実です。

40代でカジュアルなパンツをはきたいのなら、なるべくスッキリとしたシルエットのものをえらびましょう。すそに向かって細くなっているデザインのものであれば、カジュアルすぎず、着やせ効果も期待できます。

シルエットにこだわるなら生地えらびも重要です。やわらかいものよりハリのあるものの方が、はいたときのラインがきれいに出ます。

カジュアルなパンツを大人っぽく着こなすためには、色にもこだわりたいところ。

アラフォー女性にはネイビーやチャコールグレーなど、上品なカラーがおすすめです。

スウェットパンツ

(パーキスボビー) Perkisboby パジャマ レディース ルームウェア 着心地 スウェット 家着 綿100% コットン ポケット 部屋着 ふんわり 保温 寝間着 秋冬 柔らか 暖か 気持ち良い 上下セット 女性用 2カラー (M, グレー)

スウェットパンツって楽チンで、ついついはいてしまいますよね。ここ数年はファッションアイテムとしても、スウェットパンツは人気です。

でも世間的にはまだまだスウェットパンツは、部屋着の仲間という認識が根強いです。

40代の女性がはいていると生活感が出るので、余計に部屋着感が強調されてしまい、ダサく見えてしまいます。

以前流行ったアバクロやホリスターなどのおしゃれなスウェットパンツは、20代女性をターゲットにしているアイテムです。

20代、30代のころに購入したものをまだはいているのだとしたら、イタいアラフォー女性だと思われるでしょう。アディダスなどの有名スポーツメーカーのジャージでも、スポーツ以外で着用するのは避けたいところ。

ジャージこそ、ただの部屋着として見られてしまう可能性大です。デザインより楽さをえらんでしまいがちな40代ですが、大人だからこそ、きちんと感を演出することが大切です。

大人の女性にふさわしいかどうかを考えてから、洋服をえらぶようにしましょう。

ダメージデニム

ダメージデニム

こなれ感を出せるからと、いまだにダメージデニムをはいていませんか?

ダメージデニムは、20代がはくからこそ、おしゃれに見えるアイテムです。

太もも部分にダメージ加工がほどこされ、肌が見えていたら最悪といっていいかもしれません。40代の肌みせは、最も避けたいコーディネートの1つです。

そもそも、デニムというカジュアルを代表する素材に、ダメージ加工されているなんて、アラフォー女性にふさわしくありません。

デニムを選ぶときはノンウォッシュなど、余計な加工のほどこされていない上品なものにしましょう。大人の女性であれば、形にもこだわりたいところ。ダボっとしたルーズなデニムはもちろんですが、脚とヒップの形がはっきり出てしまうスキニーもなるべく避けましょう。

上品に着こなすのであれば、ほどよいフィット感のストレートデニムがおすすめです。ベーシックな形を選べばトレンドに関係なく、長くはくことができますよ。

ボーダーワンピース

[プチオンフルール] ボーダーカットソーワンピース 521592 レディース カーキ 日本 M (日本サイズM相当)

誰もが1着は持っているボーダー柄。カジュアルにもきれいめにもあわせられて便利ですよね。

ですがボーダーワンピースは、着こなしを間違うと子どもっぽくなってしまう要注意アイテムなんです。

ボーダー柄は面積が広いほどカジュアル感が強くなり、幼い印象になってしまいます。そうなると気になってくるのは年齢とのちぐはぐ感です。

アラフォー女性がボーダーワンピを大人っぽく着こなすのなら、カーディガンを上手に活用しましょう。カーディガンを羽織るだけでボーダーの面積が減るので、大人の女性にふさわしい着こなしが可能です。

ベーシックなクルーネックなら女性らしい印象になりますし、ロングタイプならIラインが強調されるのでスタイルアップ効果が抜群です。

またカーディガンを腰に巻けばコーディネートのアクセントになります。ウエストマークによって着やせ効果も期待できます。

大人っぽい上品なカラーを選べば、さし色として有効ですので、ぜひ上手に取り入れてみてください。

デニムワンピース

デニムワンピ

どんなコーディネートにもあうため重宝するデニム生地。その中でもデニムワンピは甘すぎず、使い勝手がいいですよね。

でもデニムワンピースは、カジュアル感が強いため、40代の女性が着ると生活感が出てしまいます。

さらに楽チンだからとレギンスなんてあわせてしまうと、おばさん感までプラスされます。アラフォー女性とってデニムは使いどころの難しいアイテムかもしれません。

でも女性らしいワンピースは、いくつになっても着たいものですよね。大人の女性なら上質素材のものを選びましょう。

あまりヒラヒラしすぎていないエレガントなデザインであれば、幼い印象にもならず、大人っぽく着こなすことができます。

ひざが出ていると若作りに見えてしまうので、しっかり試着して、丈にもこだわりましょう。

ロゴTシャツ

ロゴTシャツ

ロゴTシャツは、20代が着こなしているのはおしゃれですが、40代女性がロゴTシャツを着たときの違和感はなんともいえません…。

ロゴTシャツは大きめでタボっとした物が多く、形も大人向きではありませんよね。

アラフォー女性がTシャツを着るのなら、しっかりした厚地で上質な素材のものがおすすめです。コットン100%でもカジュアルめのものではなく、つや感のある上品な生地をえらびましょう。

薄くてペラペラの素材は安っぽいだけでなく、身体のラインをひろってしまうので、若いころより脂肪がつきやすい40代にはおすすめしません。

大人っぽく着こなしたいのであれば形にもこだわりましょう。

大きすぎずぴったりしすぎない、ほどよいフィット感のものなら子どもっぽくならず、大人の女性らしい着こなしができます。

ベーシックな形で無地のものをえらべは、いろいろ着まわせて重宝しますよ。

まとめ

若作りが裏目に出やすいファッションアイテム

・カーゴパンツ
・スウェットパンツ
・ダメージデニム
・ボーダーワンピース
・デニムワンピース
・ロゴTシャツ

これらのファッションアイテムは、若作りが裏目に出やすいので避けましょう。

以上の特徴から、40代の女性には上品なファッションが似合うということが分かっていただけたのではないでしょうか。

カジュアルアイテムを取り入れるのであれば、余計な加工がほどこされていない、シンプルで上質なものを選ぶようにしましょう。

ダボっとしすぎていない、スッキリとしたシルエットにすれば完璧です。定番のアイテムだからこそ、上質なものをえらんで、若い女性と差をつけたいですね。

40代は、大人の女性特有の艶のある色気が出る年代です。その色気を若者と同じような服装で隠してしまうのは勿体ないことです。

年をかさねた女性だからこそ似合う素材やデザインがあります。無理をしている感じが出てしまう20代では難しいハイブランドも、40代の今なら着こなせるはずです。

大人の余裕がある40代だからこそできるファッションを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA