女性のエクゼクティブのファッションの特徴

女性の管理職は、一般的に男性にも負けず劣らない『できる女』なので、女性エクゼクティブと言われ、働く女性の憧れにもなっています。

できる女のファッションにはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は女性エグゼクティブに共通するファッションの特徴をまとめました。

女性のエクゼクティブファッションの特徴

派手な色を着用する

女性の政治家は、男性政治家に負けないように、派手な色を着用する傾向があります。

やはり女性の管理職ともなれば、自己主張が強い女性な傾向があり、目立ちたい、注目されたいという気持ちから派手になるようです。また派手な色にも負けない力を持っているのが特徴です。

服装はビジネス戦略にもつながるため、周りから注目を集めるための手段でもあります。

イメージカラーがある人もいます。みどりと言えばあの方!と浮かんでくるのは、戦略勝ちです。

男性ではなかなかできない、女性ならではの個性をふんだんに活かすことができる女性の特権とも言えます。

派手にすると安っぽくみえる可能性が高いため、ただ派手にすれば良いのではなく、TPOをわきまえた上品で清楚をイメージした服装になるのが女性管理職です。

素材にこだわりがある

羽織るのが上手

女性のエグゼクティブというだけで高級なスーツをきているような感じがしますが、スーツの素材はウールが多いです。

ウールは風通しのよいところに干しておくだけでもにおいや汗がとれて手入れがしやすいだけでなく、ポリエステルなどの化学繊維のスーツよりも質感や耐久性、着心地も仕立ても違います。

またニットも、カシミアを身につけています。綿よりもシルクの素材を身につけています。素材を比較してみるとわかりますが、高級感を感じられるものを知っています。

やはりできる女性は、素材にこだわって洋服を選んでいるのですね。

足元にもこだわっている

ヒール

女性管理職ともなれば、人にみられることを意識していますから、足元までこだわっています。

服装が派手な女性管理職は、赤のパンプスなど服に合わせて派手なものをあわせることが多いようです。

見た目だけでなく、履き心地の良さも仕事の効率を下げないために選んでいます。

上品さがある

白ジャケット

女性の管理職ともなれば、人と接する機会も多く好印象を残すためにも、ファッションにも気遣いや上品さが求められます。

上品な服装といえば、高級スーツです。キャリアを積んだ女性は高級スーツが似合います。

高級なスーツは質感や素材、デザイン性が高く、耐久性もあるため醸し出す雰囲気が違います。女性を美しく上品に見せてくれるアイテムです。

どんな職業においても女性管理職の必須アイテムはスーツやジャケットです。

ジャケットを選ぶ際にも、まず自分の体型に合ったジャケットから選び、最終チェックとして羽織ってみて肩幅が大きすぎず狭すぎないか、脱ぎ着を繰り返して着やすいかなどポイントをつかんでいます。

しかし必ずしも女性管理職がファッションを得意としているわけではありません。オーダーというプロの手を借りている場合もあります。

オーダースーツだと自分の体型に合わせて作ってくれるため、サイズはぴったりになります。また生地やデザインもプロと相談しながら作る事ができます。

また一度型さえ作っておくことですぐに注文ができます。忙しい女性管理職には嬉しい時短になります。

ファッションの重要性を知っているからこそ、プロにオーダーしてジャストサイズのものを作っているのですね。

細部までこだわりがあるけれど時間のない女性管理職にとって、オーダースーツは必須ですね。

TPOに応じてファッションを使い分けられる

使い分けられる

仕事上で式典やパーティ、会食にも出席する機会の多くなるのが管理職です。

浮かないけれどもビジネスチャンスとしてどこまで華やかに装うか、イベントに合う雰囲気のファッションを心がけています。

バッグにもこだわり

高級バッグ

バッグは仕事に必要な道具を入れるためのものですから、こだわりがないわけがありません。

皮などの上質感のある素材で、機能性も兼ねそろえているエレガントなものを選ぶようです。

仕事道具が入る必要最低限の大きさで、中身もすっきりしています。

小物使いがうまい

ストール

女性管理職といえど、毎日違う服を着ることは困難です。アクセサリーなどの小物を使い、同じ洋服なのに、まるで違う洋服かのように見せる事ができます。

イヤリング、ネックレス、ブローチ、スカーフ、ストールなどを上手に使いこなすことにより、洋服の雰囲気が全く違うものになります。

特にストールは柄も巻き方もたくさんある上に、バッグに巻いたり、ベルトにも使えたりと用途がたくさんあります。

女性管理職は小物で着回すセンスが高いのが特徴です。

まとめ

女性管理職は、男性に負けないぐらいのバイタリティがないとできません。自己主張が強いので、派手な色を選ぶと良いでしょう。

また、いつ取材があっても良いように、スカートの丈にも気をつけています。

基本的には、テーラードジャケットを常備していて、高価なウール素材のスーツを何着かもっています。

仕事に追われてないがしろになりがちな外見ですが、相手に与える印象は外見によって変わってきます。

仕事でコミュニケーションを円滑に進めるためにも上品に着こなせるのが、女性管理職です。

そんな大人な女性は部下からも慕われ、あこがれる存在となるでしょう。

仕事ができる女性

仕事ができる女性の洋服選び方【こだわり・特徴】

2019年1月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA