エディストクローゼットの評判は悪い!デメリットをまとめました

エディストクローゼットを実際に使ってみましたが、わたしはかなり後悔しました。

もっと口コミや悪い評判をチェックすれば良かったです。

実際にエディストクローゼットを使ってみてわかったデメリットをまとめましたので、申し込むか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

エディストクローゼットのデメリット

サイズがわかりにくい

エディストクローゼットは、サイズ表記がわかりにくいです。

エディストクローゼットには、SサイズとMサイズ、Fサイズの洋服が用意されています。

エディストクローゼットのSサイズは一般のSサイズからMサイズのサイズ感、Mサイズは一般のMサイズからLサイズのサイズ感とサイト上に情報が出ています。

登録時にSサイズかMサイズのどちらかを選ぶという仕組み自体は単純です。

主にブラウスなどのトップスは、登録時にSサイズを選んだ人もMサイズを選んだ人も共通でFサイズが提供されています。逆に言うと登録時にFサイズを指定することはできません。

ボトムスは、自分で選択したSサイズかMサイズの洋服が送られて来ます。

しかし、同じサイズ表記でもアイテムごとの実寸サイズの幅が結構あって、届くアイテムによってはサイズが合わなくて着られないこともあります。

サイズがあわなくても交換ができない

エディストクローゼットには、レンタルできるのは月に1セットだけというルールがあるので、たとえサイズがあわなかったとしても、次に洋服を借りられるのは翌月になります。

もし、サイズが大きすぎたり、小さすぎた場合は着られないまま1か月待つことになります。

つまりエディストクローゼットはサイズ交換できません。

またアイテムが気に入らなくてすぐに返却したとしても、料金が安くなったり、次のコーデが早めに来ることはありません。

実際、私は届いたワンピースが着られなくて試着しただけで返却することになり、とてもガッカリしてしまいました。

トライアルプランだと選択肢がほぼない

私は今回、レンタルファッションを利用するのは初めてなので、1ヶ月のトライアルプランを試してみました。

トライアルプランは、好きなコーデセットを選ぶことが出来ません。

おまかせでいずれかのコーデセットが届くしくみです。

登録翌日には、お届け予定のコーデセットの詳細が事前にメールで届きますが、万が一指定されたコーデが気に入らなくても発送された後では、変更ができません。

ただし、初回利用での洋服の発送前に限り、キャンセルができます。

この場合は、登録してから2日以内にサービス利用キャンセル(利用前退会)をする必要があります。

利用前退会をするには、ログインした後で会員ページに表示されるメニューを選んで「退会手続き」ページから手続きをしましょう。

無事に退会が完了すれば、レンタル料金は発生しないので安心してください。

気に入っても買い取りができない

買取サービスがあるレンタルファッションサービス
エアークローゼット
アールカワイイ
メチャカリ
ブリスタ

エディストクローゼットは、気に入ったとしても買取サービスはありません。

ただし、トライアルプラン以外は、年2回気に入ったコーデセットのプレゼント特典があるので、買取がなくても洋服を手に入れるチャンスはあります。

気に入った洋服は買取したいという人には、こんなレンタルファッションサービスもあるようです。

じっくりと試してから購入出来ると普通に店頭で洋服を買うよりも自分にとって最適な洋服を手に入れられそうですよね。他のレンタルファッションサービスについても色々知りたくなってきました。

エディストクローゼットの評判

エディストクローゼットは被らない

エディストクローゼットは「被る」という評判があります。

利用してみた結果、わたしは「被らない」と思いました。

確かに12種類のコーデセットから一つを選ぶシステムなので、同じコーデセットを選ぶとまるごと同じ洋服が届くので、そういった評判があるのも理解できます。

しかし、1ヶ月に届く洋服が他のレンタルファッションよりも少ない4点だけなので、自然と手持ちの服と組み合わせてコーディネートしている人も多いようです。ですから、完全に被る率は下がると思います。

しかも、エディストクローゼットオリジナルの洋服なので、既製品の洋服をレンタルする他のレンタルファッションサービスよりは、被る心配はかなり少ないのではないでしょうか。

エディストクローゼットの洋服のデザインは、個性的ながらもベーシックな色使いでなので、他の洋服とコーディネートしやすいです。組み合わせ次第で着こなしの幅が広がるので、被るのが心配な人は自分の洋服と合わせるなど一工夫してみることをおすすめします。

服の素材が微妙な時がある

届くアイテムによっては、ごわごわしたり微妙な素材の洋服が届いたという声があります。

確かに、写真だけ確認してアイテムを選ぶサービスの特性上仕方ない面もあるかもしれませんが、1アイテム1万円程度の価格帯の洋服で、素材がイマイチだとしたらちょっとがっかりですよね。

今回の利用して思ったのは、アイテムによって生地に当たり外れがあるということです。

私がレンタルしたブラウスで実際に起こったトラブルを紹介します。画像は、半日ブラウスを着用後に生地の表面が毛羽立って毛玉が出てしまいました。

洋服が届いてすぐの生地の状態です。到着時に確認した際は、毛玉はなかったので私がつけてしまったものです。

原因はおそらく、斜めがけしたポシェットのストラップの摩擦です。

もし、摩擦に弱い生地だと事前に知っていたら、バッグやアクセサリーなどで生地を傷めないように気をつけて利用したと思うのですが、そのような注意書きはなかったので、気にせず着用していたら毛玉がたくさん出来てしまいました。

選べるアイテムの種類が少ない

エディストクローゼットでは、あらかじめ用意されている12種類のコーデセットからひとつを選ぶというのが基本的なルールです。洋服選びに時間をかける暇がない忙しい人向けのサービスとも言えます

また、1ヶ月だけのトライアルプランは、コーデセットはおまかせで届くシステムなので、自分で選ぶことができません。

サービス名
一時休会できるか
退会注意点
エディストクローゼット
×
長期プランは途中退会の場合残金一括入金が必要
エアークローゼット
×
ライトプランは解約完了するとチケットが失効する
ブリスタ
ポイントは解約時に失効
アールカワイイ
×
カスタマーサポートへの連絡、郵送、返却用紙への記入での退会不可
メチャカリ
×
まず有料プランの解約が必要
カリル
-
必要な時だけ利用するシステム
サスティナ
レンタル商品を全て返却する

たくさんの洋服の中から自由に洋服を選ぶシステムの他社ファッションレンタルサービスと比べると、洋服の選択肢が少ないのは確かです。

もう少しこだわりたい方には3ヶ月以上のプランで申し込んだ場合の特典として、好きな4点のアイテムを選んでオリジナルのコーデセットを作ることが出来るカスタムセットというサービスも一応用意されています。

お問い合わせなどの返信が遅い

お問合せの返信が遅いという声がいくつかあり気になりました。

私も実際に必要があって何度か問合せをしています。

フォームから問い合わせた後の、自動返信メールはすぐに届きましたが、個別に返答が届くまでのスピードは大変遅いと感じました。

たまたまかなと思っていましたが、他にも同じように感じた方がいるということが目に留まりましたので、チェックしておいた方がいいポイントだと思います。

ほかのレンタルファッションサービスでは、LINE@で細やかなやり取りできるところもあります。また、スタイリストさんとのコミュニケーションをしながら、洋服を選ぶことができるサービスもあることと比べてしまうと、お問い合わせに対する返信の遅さは、大変残念に感じる点です。

取り扱いサイズが少ない

サイズが合わなかったという声も見受けられました。

ほかのレンタルファッションサービスと比較をしてみるとわかりやすいのですが、エディストクローゼットで取り扱っている洋服のサイズは、断トツで少ないです。

サービス名取り扱いサイズ
エアークローゼット7号/S/36~11号/L/40
エディストクローゼットS,M,F
ブリスタXS~XLサイズ,
Fサイズ
アールカワイイ5号SSサイズ~
11号Lサイズ
メチャカリFサイズ中心,
XS~XLサイズ
カリルSS~3L
F
サスティナXS~XL
F

用意しているサイズが少ないのに、万が一サイズが合わなかったとしても、サイズを理由とした返品交換、返金はしてもらえないという点が最大のがっかりポイントです。

エディストクローゼットで用意している洋服のサイズに自分のサイズが合わない人は、使ってはいけないサービスと心得た方がいいです。

まとめ

エディストクローゼットのサービスを利用してみて感じたデメリットについてまとめてみました。

エディストクローゼットのデメリット
・サイズがわかりにくい
・サイズがあわなくても1ヶ月間は交換ができない
・トライアルプランだと選択肢がほぼない
・気に入っても買い取りができない
・服の素材が微妙な時がある
・選べるアイテムの種類が少ない
・お問い合わせなどの返信が遅い
・取り扱いサイズが少ない

エディストクローゼットは、時間がない忙しい人向けに単純化された便利なシステムだと思います。

逆に言うと、個人個人のニーズに細かく対応してもらえるサービスではないと思いました。

エディストクローゼットの体験ブログ

2019年1月29日

サイズを理由とした返品交換が出来ないことや、ユーザーとのコミュニケーションがほとんどない点、洋服の選択肢が少ないことがエディストクローゼットのデメリットです。

サービスの特性を理解した上で納得して申し込みをしないと失敗したり不満が必ず出てくると思います。

これからエディストクローゼットを利用してみたい人の参考になったらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です