絶対にやってはいけないコーディネート

やってはいけないコーディネート

コーディネートってトレンドがあるから、絶対的なものはありません。

ただやってはいけないコーディネートというのは存在します。

この記事では、『絶対にやってはいけないコーディネート』というのを紹介します。

やってはいけないコーディネート

デニムオンデニム

デニムオンデニム

デニムオンデニムのコーディネートをかっこよく着こなしている人を見ると、自分もやってみたいと思いますよね。

でもちょっと待ってください。

デニムオンデニムは難しいコーディネート術なので、簡単にマネできるものではありません。そもそもデニムはセットアップで売られていることが少なく、上下であわせるのがとても難しいコーディネートです。

デニムオンデニムは、見方によっては、とてもダサいコーディネートです。

よほどセンスに自信がないかぎり、避けたほうが無難です。

上下に柄物だらけ

柄物ばっかりはダメ

ボーダー、チェック、花柄、ヒョウ柄。服を買いに行くと、たくさんの柄であふれていますよね。

柄物がトレンドになっているシーズンは、ついつい購入してしまいます。

『せっかく買った服だし』と、無理にコーディネートに取り入れ、気づいたら柄物だらけになっていませんか?

柄物だらけだと、まとまりのないコーディネートになってしまいます。

かなりのおしゃれ上級者でないと、上下柄物はなかなか着こなせるものではありません。

柄だけでなく、色をまとめるセンスも必要になってきますので、とても難しいコーディネートといえます。まとまりを出そうとして上下で柄をそろえると、パジャマっぽく見えてしまう可能性も…。

さらに、柄物はインパクトが強く印象に残りやすいので、悪目立ちしてしまいます。

なかなかおしゃれに着こなすことは難しいので、無理に柄物を取り入れるのはやめましょう。

季節感がない

季節感が無い

なんだか浮いてるな…という人に共通する点として、季節感がないことがあげられます。春先のあたたかい日にウール素材のものを着ていたり、重たい冬っぽいカラーだったり。

一方でおしゃれな人に目を向けると、きちんとその時季にあった素材やカラーを上手に取りいれ、着こなしています。

トレンドは季節の移り変わりとともに変わっていくものです。

自分のコーディネートを見てなんだかズレていると思うのであれば、素材やカラーの選択を見直してみましょう。それだけで、センスがグンとアップしたように感じるはずです。

気をつけなければいけないのは、おしゃれと勘違いして次のシーズンのアイテムを先取りしすぎること。結果、季節感がないコーディネートになってしまい、意味がありません。

次のシーズンのアイテムが出始めたら無理のない範囲で取り入れ、少しずつコーディネートに変化を加えるようにしましょう。

まとめ

やってはいけないコーディネート

・デニムオンデニム
・上下に柄物だらけ
・季節感がない

コーディネートをする上でやりがちな失敗として、おしゃれをしようとするあまり、無理をしてしまうということがあげられます。

おしゃれな人が独特なセンスで着こなしているのはかっこいいですが、それを見てマネをしようとしても、なかなかうまくいくものではありません。

無理をしたところで着こなせていなければ周りから浮いてしまいます。

やってはいけないコーディネートの代表例はデニムオンデニムです。

よほどの自信がない限りやめておきましょう。

ダサい女性の特徴

ダサい女性の服装の選び方【絶対にやめておきたい8つの特徴】

2019年2月28日
\今月のキャンペーン情報はこちら/ airCloset

お得な情報
エアークローゼットをお得に試せます!

招待コードを入力すると
3,000円オフではじめられます!

レギュラープランは、初月に解約すると全額返金保証が適用されます。

レギュラープランがおすすめです♡

招待コード
zWFEF
airCloset

人気ナンバー1
エアークローゼット

スタイリストが洋服を選んでくれるサービスです。 満足度も高く、わたしも気に入って使っています!
日向坂46CM素材_201904

日向坂46CM効果で人気急上昇
メチャカリ

日向坂46のCM効果で会員数が急増しています。いまなら初月無料キャンペーン中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA