服の断捨離ができない理由【本当にもったいない?】

服の捨てどき

服を断捨離したいと思っていても、できない人は多いです。

この理由は『もったいない!』という心理的な理由が大きいですが、絶対に断捨離した方が良いですよ。

ブランド品は買い取ってもらえますし、何よりも断捨離するメリットはたくさんあります。

服の断捨離ができない理由

この服を着るかもしれないから

今はなかなか着る機会がないけれど、いつか着るかもしれない…と思って、捨てられずにしまいこんでいる洋服、ありますよね。

そのいつかは、待っていても永遠に来ないかもしれません。

来るかもしれない、いつかのためにクローゼットを着ない服に占領させているのは、非効率的ですよね。

この服に思い出が詰まっているから

人生の大切なイベントで着た洋服だから…大切な人が褒めてくれた洋服だから…と、思い出と一緒に大切に保管してある洋服もありませんか?

その洋服を身に着けた写真や動画があれば、それを見ていつでも思い出にひたることが出来ますし、何より大切な思い出は、あなたの心の中に一番鮮やかに残っているでしょう。

この服を手放すのはもったいないから

あんなに高かったのに…せっかく買った洋服を処分してしまうのはもったいない…なんだかそれを手に入れた時の自分自身を否定してしまうような後ろめたい気持ちになったりはしていませんか?

新しい洋服を手に入れようと思っても、着ない洋服が目にはいることで罪悪感を感じ、それを思いとどまってしまうかも。

その方がはるかにもったいないですよね!

断捨離に成功すると実感できること

クローゼットの扉を開けるのが楽しみになる

クローゼット

中に何があるのかひと目で分かる、整理されたクローゼット。これだけで、毎日の服選びが気持ちよく始められます!

逆にクローゼットがパンパンで、どこにどの洋服が入っているのかわからない状態では、服選びもストレスになってしまいますよね。朝の忙しい時となればそのストレスは更に増してしまうでしょう…

服の管理がしっかりできるようになる

断捨離後のクローゼット

洋服は長い間ギュウギュウ詰めで保管しておくと、風通しが悪くなりカビなどが発生してしまいます。

断捨離をして収納に余裕が出れば、よりよいコンディションを長く保つことが出来ます。

無駄な買い物がなくなる

無駄な買い物

断捨離をして自分に必要な服、不必要な服を把握する事で、新しく洋服を手に入れる為の基準がはっきりできます。

ふらりと立ち寄ったお店でちょっと気になったのでとりあえず買ってみる…みたいな「何となく買い」を防ぐことが出来ます。

結果お金も節約できて、良いことづくめです。

断捨離できるようになる基準

1年以内に着ていなければ断捨離する

一番わかりやすい基準は、1年以内に着用したかどうかです。1年間着る機会がなかったということは、その服はあなたのお気に入りラインナップから外れているということですから、思い切って断捨離候補にしてしまいしょう。

人が自分で管理できる服の枚数は、1人あたり100着と言われています。

余程のファッションマニアさんで、毎日同じ服は着たくない!という方でなければ、1年間で袖を通した服の数が100枚を超えることはないでしょう。

それ以上の服を持っていても、管理しきれず記憶からなくなり、結果クローゼットの奥に追いやられてしまうのがオチです。

服が劣化していれば断捨離する

服はどんなにメンテナンスしていても、時間とともに劣化します。毛玉や黄ばみなど、見た目のコンディションが明らかに悪くなっているものは、断捨離候補にしましょう。

そしてその様なコンディションの劣化した洋服というのは、デザイン的にも時代遅れとなっているものがほとんどです。

どんなに思い入れの強い洋服でも、毛玉だらけでは人前に着て出ていけないですよね…

そのような「ひと目をはばかる」ような洋服は、すっきり処分してしまいましょう。

現在のサイズにあっていなければ断捨離する

「ひと目をはばかる」でもう一つ気をつけたいのは、サイズの合っていない服。

ピチピチ、ダボダボの洋服は着ている本人も着心地が悪いし、見た目もよくありません。

今まで着られてきた服が体型の変化で着られなくなった時に、「また痩せればいつか着られるから!」と考えて捨てずにおくケースはよくありますよね。

ですが、実際痩せたとして長らくとっておいた洋服がトレンドに合っているのか?あなた自身がその洋服をまた着たいと思うのか?と考えたら…いつ成功するかわからないダイエットに賭けて今着ない洋服を抱え込んでおくのは、スペースの無駄遣いになってしまいます。

それよりも今現在のサイズに合っている服だけを残し、サイズの合わなくなってしまった服は処分してしまった方が、将来本当にスリムになった時に気兼ねなく着たい服を選ぶことができますよ。

…わたし自身、当時の体型ではちょっと着るのが難しいスカートを、「いつか痩せれば着られるから!これを着ることを目標にダイエットするから!」と思い切って購入してはや○年…

結局そのスカート自体がトレンドからも外れ、自分自身も対象年齢から外れると言う悲劇を経験しています。それでも未練がましくクローゼットの奥へ掛け続けていたのですが、先日ようやく見切りをつけ、お別れいたしました。

ダイエットのモチベーションのために小さめサイズの服を購入することは本当にオススメしません…

蛇足でした。

同じような服があれば断捨離する

同じような服

自分の好みの洋服やスタイルというのはそう簡単にガラリと変わることはありませんので、気がつけば同じ様な色や形の服を買ってしまっていた、と言うこともよくあります。

これもクローゼットの整理ができていない弊害ですよね。

使いみちのかぶった服はバッサリ処分しましょう。選択肢が少なくなればコーディネートに悩む手間もなくなりますし、それぞれの洋服にぐっと愛着がもてますよ。

まとめ

服の断捨離ができない理由

・この服を着るかもしれないから
・この服に思い出が詰まっているから
・この服を手放すのはもったいないから

断捨離できない理由は、『着るかもしれない』『思い出が詰まっている』『もったいない』ですよね。

でも断捨離に成功すると実感できることをまとめましたが、

断捨離に成功すると実感できること

・クローゼットの扉を開けるのが楽しみになる
・服の管理がしっかりできるようになる
・無駄な買い物や浪費がなくなる

断捨離に成功すると良いことがたくさんありますよ!

断捨離しない方がもったいないと思いませんか?

この記事がキッカケで断捨離できない人が、断捨離に成功したらとても嬉しいです。

服の断捨離のやり方【3時間で208着を56着に成功したコツ】

2019年2月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA