秋の花火デートの服装の注意点【10月は浴衣はやめた方が良い?】

花火大会 デート 服装 秋

花火大会といえば、夏の風物詩ですが、10月以降も川崎や調布や多摩川などで花火大会は開催されています。

10月というとすっかり秋ですね。

せっかくの花火大会だから浴衣を着ようと思っているけど、寒いかな?浮いちゃうかな?と心配する女性も多いのではないでしょうか?

今回は秋の花火デートの服装の注意点をまとめました。

秋の花火大会に浴衣で行くのは正解?

10月の花火大会でも浴衣女子は多い

10月の花火大会だからといって、浴衣を着てはいけないというルールはありません。

お気に入りの浴衣を着て行きたければ、10月でも問題ないですよ。

秋の花火大会

最近は地球温暖化の影響か、9月や10月でも暑さが残り、夏のような気温の日もあります。

また、浴衣の素材や着方も変わり、季節ものという従来の考え方でなく、お祭りや花火見物時のおしゃれとして捉える人が増えてきています。

実際、10月の花火大会でも浴衣姿をよく見かけます。

気温20℃以下なら浴衣はやめよう

浴衣を着られる目安にして欲しいのは気温です。

夏であれば、最高気温が35℃を超える日が続きますので、浴衣でもちょっと暑いぐらいです。

でも気温が25℃以下だと、半袖ではちょっと肌寒く感じるでしょう。

気温が20℃を下回ると、カーディガンなどの羽織るものが必要になるので、20℃以下では浴衣を着用すると、浮いてしまうかもしれません。

浴衣

何より寒くて、花火どころではなくなってしまいます。せっかくのデートなのに、気分が下がってしまっては残念すぎますよね。

東京では10月の夜7時ごろは、18℃〜23℃くらいが平均です。

昼が晴天であれば暖かい空気が残っていて浴衣を着用できますが、悪天候な場合は気温が20℃以下になる可能性が高いので、浴衣を着用する女性はかなり少ないでしょう。

まとめ

秋の花火大会で浴衣を着ても大丈夫です。

浴衣を花火大会の時のファッションとして楽しむ女子が増えています。ですから、十分アリです。

10月は気温次第です。中旬〜下旬にかけて気温が下がっていきますから、気象情報と相談してくださいね。

9月は夏の暑さがまだまだ残り、気温的にも全然問題ありません。浴衣を着て花火大会に行き、気分を盛り上げましょう。

寒さが心配なら、ストールなど羽織るものを持って行きましょう。

お気に入りの浴衣を着て、とびきりの花火デートにしてくださいね。

好きな人と夏の花火大会に行くなら浴衣以外に何が良い?

2019年1月15日
夏デート

夏デートの女性の服装【デート場所別の情報まとめ】

2019年2月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA